母に買うなと言われたジュース

昭和の食べ物
スポンサーリンク

 

子どもの頃、母親に駄菓子屋で買うのを禁止されていたものが、いくつかあります。

そのうちのひとつが、あるジュースです。

 

それは瓶でも缶でもない、ポッキンアイスと同じようなビニール素材に入っていて

ポッキンアイスよりもずっと太く、折るためのくびれはありません。

 

大きさは制汗剤のスプレーの中サイズくらいはありました。

味はオレンジ風の、人工甘味料、着色料がガッツリ入ったものです。

 

母がそれを禁止したのは、そのジュースの飲み方が、付属の細いストローを

胴体に突き刺す、というものだったからです。

 

ストローは直径3mmほどの太さで、竹やりのように先が斜めに削ってあり

素材も折れ曲がらないような硬いもの。

 

ジュースの容器もちょっと厚みがあり、子どものチカラではなかなか刺さりにくい素材。

気を付けないと怪我をしやすい、というのが母の持論でした。

 

でも実際には友達がそのジュースを買ったら、付き合いで私も買っていました。

とくにストローが手に刺さるような事故は起こりませんでしたが

ジュースをぎゅっと握って押さえるため、握力で中身が噴き出して

服にかかることは度々あって、親にジュースを買ったのがバレないかと

冷や冷やしたのを覚えています。

 

それでは母がどんな飲み物を推奨していたかというと…

水です。

ミネラルウォーターでもなければ、湯冷ましでもなく、ストレートの水道水。

 

ただ地元の水道水は木曽川水系で、結構美味しいというか

抵抗なく飲める水ではあります。

 

私が小学3~4年生の頃は、ただの水道水をそのまま冷蔵庫で保存する家は

けっこう普通にありました。

 

もっともそういうお宅では、冷やした水でカルピスを割ったり

春日井シトロンソーダというメロンソーダの素で、ソーダを作ったりするのですが…

うちはそのままか、たまに砂糖水。

さすがに子供心にもテンションが上がりません。

 

結局、駄菓子屋には通ってしまうし、付き合いに乗じて禁止品にも

手を出してしまうのでした。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

◆最後まで読んでくださって、ありがとうございました◆

タイトルとURLをコピーしました