風呂もトイレも家の外

昭和の風俗
スポンサーリンク

 

私が3歳から6歳を過ごした家は、4軒が一続きのいわゆる『長屋』でした。

六畳一間の和室と、六畳の台所。

風呂もトイレも家の外の別棟にあり、4軒共同です。

 

風呂場の湯船は木製。

床は土間で、学校の靴箱の足元に置かれるような、木製のすのこが置かれていました。

床から浴槽の上までが高いので、子どもは親と一緒でなければお湯に入れません。

もちろんシャワーは無しです。

共同なので、入る時間は決められていました。

 

風呂はまだこれでもマシで、苦手なのはトイレ…いや、便所です。

 

便所は男の人が用を足す、大きな瓶を床に埋め込んだだけのものが一つと

その奥に、和式のポットン便所の個室が1つずつ。

 

和式の方は便器とほぼ同じ大きさの穴がぽっかり開いていて、底は真っ暗。

臭いし、とても怖いのです。

とても夜1人で行くなんてことはできません。

 

ある年、4軒のうちの1軒に若い夫婦と1歳くらいの赤ちゃんが越してきました。

しばらく経つと、赤ちゃんがヨチヨチ歩くようになってきました。

 

その頃はまだ弟も乳飲み子で親もそちらにかかりっきり。

もう少し赤ちゃんが大きくなったら、一緒に遊べるかな…?

と思っていたのですが。

 

ある日、幼稚園から帰ってきて、用を足しに行くと異様な光景が広がっていました。

男性用の瓶が埋まった小便器の方に、スナック菓子が散乱しているのです。

 

何だか怖くなって、家に戻り、弟に添い寝している母親に

 

「お母さん、便所どうなったの。

お菓子一杯落ちてる」

 

と聞くと、母親は渋い顔をして

 

「◯◯さんのとこの子が便所に落ちただわ。

あんた便所行く?連れてくか?」

 

と答え、怖かった私は、昼間ですが母親に付き添ってもらい、便所に行きました。

 

便所から戻るとき、母親に赤ちゃんはどうなったか聞くと

 

「すぐ病院に連れて行ったみたいだで、あんたは気にせんでええわ」

 

と、すげなくされ、こちらもそれ以上は聞くのがためらわれているうちに

気が付いたら赤ちゃんの家は引っ越していました。

 

のちに私が小学1年の夏休み、父親が会社員になり社宅に引っ越すことになります。

そこは鉄筋の建物で、お風呂は水色のホーロー製、トイレは和式ながらも水洗でした。

 

「すごい!天国!」

 

そう喜んだものの、学校では小学4年まではポットン便所。

5年になって水洗になったと思ったら、中学でまたポットン。

中3になるまで、完全にポットン便所から開放される日は来ませんでした。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

◆最後まで読んでくださって、ありがとうございました◆

タイトルとURLをコピーしました